スターバックス・コーヒー

最近知ったのですがスターバックス・コーヒーという店名は、
『白鯨』に出てくる一等航海士のスターバックにちなんで
名付けられたものらしいです。

 

スターバックス側の説明によると
「コーヒーの好きな航海士であるスターバックにちなんで…」
ということらしいのですが、この説明ははっきり言っておかしいです。

なぜならば『白鯨』の全編を通して、スターバックが
コーヒーを飲むシーンなど一度も登場しないし、
彼がコーヒーを好むということが明示的にせよ含意としてにせよ、
描かれることも一度としてありません。

 

そうすると「スターバックが好きそうなコーヒーを出す店」
ということなのか、あるいは名付けた人の単なる脳内妄想なのか
いずれにせよ真相は闇の中です。

 

私もたまにスターバックス・コーヒーを利用することがあるのですが、
店内で店名の由来とおぼしき説明が書かれているのを
見かけたことはありません。

 

真相を知っている人がいたら、教えてほしいものです。

 

ちなみに『白鯨』のスターバックは、エイハブ船長と
奇妙な繋がりのある人物として描かれており、
物語の最後においては他の船員同様、沈みゆく船と運命を共にします。

壮大なネタバレですが、『白鯨』はネタバレありきの小説ですので
(そもそも語り部であるイシュメールが、
自分以外の船員が全滅したことを序盤から語っている)、
ばらしても何ら恥ずべきことではないと、自己弁護をしたり、しなかったり。
そういえば白鯨伝説だかいうアニメが小さい頃好きだったな。